2008年05月

イメージ 1

イメージ 2

もしかしてーー○ちゃんダケかも知れませぬが、「シーサーは歩けない」を
待ち望んでおられる読者が居た場合、「笑っちゃうねぇ」では済まされない
のでは?と感じ、「その3」まで、一気に書き上げ(掻揚げの天麩羅食いたい!)
ました~。
「シーサーは~」で、書き始めたのですが、シーサーの語源も生い立ちも知らないもので、想像力が湧かず、いつものクダラナイ話になってしまうのを恐れ「児童文学」イソップ物語ならぬ、ウソップ~まぁまたクダラナイ話に戻りそぅですがーー 要は、ろくでも無い親父と別れ、必死に頑張っている母子に「夢と希望」を与えーーー 将来、その子がーー「子供の頃、僕はあの本に助けられました!」「――アノ本が無ければ、今の私はありません!」てな、「本」を目指し(目刺しも、アジの開きも食いてぇ!)たのです! ハイ!
  コレだけ書けば、○ちゃんツッコミ安いだろぅーーー。

その1  南の島のジュン坊

ジュン坊は、南の島に、住んでいます。
今年、ピッカピカの1年生になりました。

ジュン坊は、海が大好きです。

ジュン坊には、お母さんがいません。
ジュン坊が赤ちゃんの時、病気で死んでしまいました。

ジュン坊のお父さんは、船乗りです。
1年に1度しか、帰って来ません。

だからジュン坊は、毎日海へ行き、遠いどこかの海にいる
お父さんと、お話しているのです。

でも、ジュン坊には、やさしいおじぃと、おばぁがいるので
心配ありません。

今日も、学校から帰ると、カバンを家に投げ込み、
海まで走って来ました。

秋になった海は、少し寂しいです。
この前の台風で壊れた売店を、ユンボで片付けていました。

ジュン坊は、ユンボも大好きです。
大きなモノはなんでも好きです。

今日もお父さんに届く様、海辺でお話しましたーーー
「今ねぇでっかいユンボが売店を片付けているんだよーー」

♪夕やけ小焼け~ の放送が聞こえると、帰る時間です。
ジュン坊が、片付けられた売店の前を通るとーーー

「おーい ジュン坊~」「ここだよ ジュン坊~」

ジュン坊は不思議に思い、回りを見ましたが、誰もいませんでした。

おばぁが作ってくれた、おいしい晩御飯を食べながら、不思議な
声が聞こえたことを、おじぃに話しました。

おじぃはーー
「きっと、海の神様がジュン坊とお話したかったからさぁー」
と、言いました。

その夜、ジュン坊は夢を見ましたーーー

片付けられた売店の前で、シーサーとお話しているのですーー
シーサーは、南の島の守り神です。

ジュン坊は、次の日学校へ行っても、夢のことが頭の中から消えなくて
ぼぉーっと、してました。

学校が終わると、いつもの様に家にカバンを放り投げ、
全速力で海へ走りましたーーーーーーーーー

次週へ続くーー。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

イメージ 5

      
♪あぁー今年も~南の風に~誘われて~来たよぉ?~~~♪

沖縄地方、梅雨入りになったらしいけどーー 夏が来るネェーー 

房総御宿で産湯を浸かったオッちゃんは、都会からの海水浴客が増えて来るに比例して
テンションが上がって行くのでありますーー 7月、学校が半日授業になる頃には最高潮
に達し、海に出てなきゃ損しちゃう!みたいに、朝から晩まで遊び廻って居りました。
あれから40年以上過ぎても、あの表現出来ない「ときめき」は、はっきり思い起こせます。

働き出した頃、手に入れた「ディンギィー(小さなヨット)」を早朝沖合いに泊め、昼前
海水浴客が出揃った頃を見計らい、渚より足ヒレ付け一気にクロールでヨットまで泳ぎ
颯爽と装備、滑走――― マットにつかまりながら寄って来るネェーちゃん達を選り取り見取り?でーーー- あれは夢だったのか?空想が想い出として残ってしまったのかな? 

本帰国したら、「ディンギィー」買っちゃぉ!と、四捨五入還暦のオッちゃんは思う訳です。

3年前に手に入れた安住の地で作った「勝手にモニュメント」が、オッちゃん出稼ぎしてる間にーー― 果てました!。 シーサーまで、どっかに行ってしまいましたーー。

ある朝、海の家取り壊しの残骸から、ほじくり出された「シーサー」いつの間にか「勝手
にモニュメント」に並べられーー 幸せなひと夏を過ごしーー やがて、誰にもかまって
貰えなくなりーー   何処かで幸せに過ごして居るのでしょうか?

「カモメのジョナサン」「一杯のかけそば」に続き?「シーサーは歩けない」書こうっと。

連日40度を超す土漠の中で「シーサーは歩けない」の手筆を、思い付いたオッちゃんです。      次回、第1章「誕生」こうご期待!!!   では、また来週!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

      

 とうとう20日は、1周年記念日?です。当初、年末(去年)にはカッコ尽き、3月ごろ
には帰れる予定であったのですがーーー 未だ、見通し予想出来ない情況です。

 ‘06-3月より工事設計に雇って貰いましたのでーー9月で上がれる?として、2年半!オッちゃんの工事屋人生で最長のJobとなりました。

 まぁ世界最大級Plant建設の一部に係わっている訳でして、当然なのカモですがーー
退職しなきゃ着けなかったJobだけに、また運命だと受け止めて居ります。

 運命と言えばーー 軍事政権が選挙で優勢だったアンちゃんを、隔離し続けているミャンマーでの台風被害! チベット問題、毒入りギョーザの中でオリンピックを迎える?中国の大地震! 次の天罰は作業服金さんのトコかな? でも、結局民衆が被害者になっちゃうからねぇー。

 金曜お休みーー多数の方が、出勤してるので、付き合い出勤してましたがーー 2週間
に1日は「完休」と勝手に決めました。完休前の木曜夜は、嬉しくてー嬉しくてーもぅ
寝ないぞ!って、寝てますーー。

 Campの木も育ってきましたーー My-Roomは富士山がいっぱいですーー 
            「瞳」の最終回は、瀬底で見れるカナ?  では、また!

イメージ 1

イメージ 2

        
 先日、一時帰国の際「固定資産税」なるモノを、払って来ましたーー。
オッちゃんは、去年の5月より、諸税金の問題もあり住民票を「サウジアラビア王国」
へ移しました。

 届出の際、コチラの住所(名詞)持参、しかしカタカナ入力とのコトでーー
「サウジアラビア」?、-Kingdun――だから、「サウジアラビア王国――」と申請しました。
 
 あとで考えたら、「イギリス王国」って言うかな?とも思いましたがーーー そして今回
納税義務者「サウジアラビア王国 松本直也」にて、納税書が送られて来ました!

 笑えますーーー 役場の方達はどぅ思って居るのでしょう??? 

「瀬底の松本さん サウジアラビア人なの?」
                     「素泊まり宿やってるさぁー?」
「で、アッチに住んでる訳?」
                   「石油関係かねぇ?それともーーー?」
「王様の娘でも、関係があるんかねぇ?」
                   「――リゾート裏で金出してるのアノ人さぁー!?」 
「その割には、いつも原付ツナギ着て赤ヘルさぁー?」
                「いやぁ金あるのーーカモフラージュしてんじゃない?そぅさぁー」
「ヤマトンチューは、わかんねぇーの多いからねぇー」

 答え:一身上の都合でスッカラカンです!「ヤドカリ」再出発の為、40度を超す土漠の
                             コノ地で耐えて居るので御座います。 
       
       役場の皆様方、今後とも何卒宜しくお願い致しますです。 ハイ。

↑このページのトップヘ