2008年06月

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

  バカ女
「綾瀬はるか」って娘が売れてるらしい?――イギリスからの衛星TVで先日までやってた「ホタルノヒカリ」という「クダドラ」(くだらないドラマ)にも主役で出てた―― 家に帰ればジャージを着、ゴロゴロしながらシリかじり、煎餅かじり、片付けしないから部屋中ゴッタゴタ! バカヤロゥー!!! オッちゃんは怒ってるぞぉー
でも、久々面白かったぜ!「奈良鹿と日本を救うクダドラ」とか「もこみち君のロボット彼氏」とかに比べりゃよっぽどよかった「はるかちゃん」。 「瞳」も頑張らなきゃ、そろそろ週刊誌に叩かれるね、面白くないもんね、ストーリーを必死に考えてるんだよね、これじゃ「ジュン坊―― と一緒ダネ!」と、オッちゃんは言いきっちゃうのです。

   バカ猫
相変わらず人に媚梨(こびり)生活を送って居る「バカ猫母子家庭」子猫達も母の生き方を辿って行くのだろうか?今更遅いが、子の居るオッちゃんとしては多々反省―― しかし、もぅ遅いので諦め、好きな様に進むのです!

   「だいこん」山本一力
今週は、2冊読みましたーー 「だいこん」は久々面白かった!「宮部みゆき」「司馬遼」―― とにかく生まれてもいない江戸時代の環境、出来事、人間関係?―― 「*****見て来た様なウソを**」いろいろ調べるのでしょうが偉い! オッちゃんは自分の身の回りの出来事さえ、忘れるコトが多いのにーーーーー

   ついでに「原油価格」
1キロリットル=¥9万近いんだって!1キロリットルって、1000リットルだろぅ? 1リットル=¥90か?原油を精製して何%ガソリンが作れるのかオッちゃんの知識じゃ解らないけど?200%くらい出来るのかネェ?それでなきゃ税金入れて¥170でも安いんじゃない!? そんな中でカナダで採れる「OilSand」ってのが注目されてる様子。サウジに次いで世界第2の埋蔵量なんだって。原油を含んでる砂らしいんだけどーー― そこじゃ焚き火なんか出来ないねぇ~ サンドペーパーだって滑ちゃうだろうし~ 砂時計は絶対無理だね? ほんじゃ また!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 話題が無いからクダラナイNewsからーーー
ドバイの埋め立て分譲豪邸が50億だって! 3日で完売しちゃったんだって! バカじゃねぇの?
誰が買ったかというとーーー
Roger Moore 、Clint Eastwood 、Sultan Najori Hamten of KSA 、Bill Clinton 、Pete Sampras、
Michael Jordan David Beckham 、Michael Jackson 、Bill Gates 、Whitney Houston 、
Nicholas Cage 、Steven Spielberg、 、Tina Turner 、Will Smith 、 Naoya Matsumoto 、
Beth Midler 、Jet-Li 、Patrick Ewing 、Jun Olaya、 Robin Williams 、Damon Sunderland 、
Don King 、Phil Jackson 、Shania Twain 、George Bush、 Oscar DelaHoya 、Axel Rose 、
Demi Moore & Bruce Willis 、Aldrin Ilano 、     And many more..
 何人知ってますか? ホントかな? 

7000兆円!の偽見せ預金通帳で4億5千万騙し捕られたニュースがあったけどーーー バカだねぇー
国家予算が88兆だよ! 7000兆円個人口座に在る訳ないだろぅ? 普通預金通帳だったのかな?

関連記事で「1兆円を使い切れるか?」てなアホ記事、20~70才まで50年として、
¥5500万円/日だって!毎日¥5500万円使えるか? どぅするかなぁ? 
困ってしまってワンワンだねぇ。

それが1億円となると、¥5500円/日、
「昨日飲みに出かけたから、今週は出歩くの止めなくちゃ~」てな感じだね。
こりゃ1兆円溜めなきゃ楽出来ないぞ! まぁそんなに人生残って無いから、3000億くらいか?

「限定!1泊200万円の素泊まり宿!」  サブタイトル=たまには無駄遣いしませんか? 

年に1人位、変わり者の大金持ちが来るカモ? コレで行くか? 
              
                 よし!決まった!オッちゃんの楽な初期高齢時代。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

   
 初めての移民船がちょうど100年前だったんだってーー1908年、まだチョンマゲにこだわっていた元武士も居たカモね、それから40年?戦後まで続いたのですね。ブラジル、ハワイ、アメリカ本土。 故郷に見切りを付け、新天地に夢を描いたのでしょう。

 20年前、オッちゃんがSingapore(海外)へ人生賭けようと決め、実家へ報告行った際メソメソしている母親の脇で「――ブラジル行きが決まりかけたが、親戚縁者の反対でーー お前は羽ばたいて行けーー」と、カッコ良く見送ってくれた今は亡き父親、親父がブラジルへ行ってたら、オッちゃんは生まれていたのか?世界的なサッカー選手になってたか?アマゾネスと楽しくやってたか?日本への移住を決意してたかーーー。

 父さん、オレ今サウジで働いてます。毎日50度超える灼熱の地です。もぅ一年過ぎました。人生勝手に過ごして来た分、多少苦労をして居ります。でもまぁそれも運命と片付け前向きに生きて行く所存で御座います。これからも見守って下されませませーー。

 昨日今日と、風邪で寝込み、多少弱気になったオッちゃんは、親父さんの夢を見ました。やはり、見守ってくれて居るのだと、実感しました。 帰ったら、墓参りに行きます。

 さて、ジュン坊の「オチ」ですが、10話くらいまで引きずり伸ばす予定でしたがーー「あしたのジョー」「ドラゴンボール」みたいに、取り留めの無い話?になる可能性強く「その3」で終わりにしました。―――っで、なんなの?てな終わり方がヨロシイ様で。また、誉め殺しお願い致します。
 

その3 シーサーはお友達

今日もジュン坊は、学校が終わると海に来て「シーサーランド」の飾りつけをしました。

海岸に流れ着いた、ヤシの実も、誰かが落としていったサングラス、キレイな釣り浮き、海から上がって来た?ヒトデさん どこかの国のガラス瓶―――

なんでも拾って、飾りました。とってもキレイになって、シーサーも喜びました。

そのうち、海に遊びに来た人たちも飾りつけを始めましたーー
ジュン坊もシーサーも嬉しくてニコニコです。

ある日のことです。

ジュン坊 「シーサー君、今日はどぅだった?」

シーサー 「プンプン!」怒ってます!

見ると、飾りつけの中に、ビール缶やお弁当ゴミがあります!

ジュン坊 「誰がこんなことしたの?」

シーサー 「夕べ遅くに来てた若者たちさぁー」

「なぜ、こんなことするんだろぅー」

ジュン坊は、悲しくて涙が出てきました。

シーサー 「ジュン坊! 僕たちも悲しいさぁー でも、怒っても、泣いてても、キレイにならないよ」

ジュン坊は、ゴミを片付けはじめました。
ゴミ箱へ運ぶごとに、シーサーもジュン坊も笑顔になって行きました。

ジュン坊が言いましたーー
「夕べはお月さんもお休みで、暗かったから、「シーサーランド」に
気付かなかったんだよーーきっとーー」

シーサーもニッコリうなづきました。

夕ご飯を食べながらジュン坊は、今日の話をしました。
おじぃもおばぁも、ニッコリうなづきました。

     -おしまいー

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

       
 オッちゃんは、出会った人――興味を持った人には、スグ「あだ名」付けちゃいます。
先月末で、帰っちゃったネコ好きのご近所オッちゃんにも、@ネコ爺 と、付けました。

 半年前頃でしょうか――そこ等にうろついて居たネコを可愛がり、夜はベットで添い寝
させてる様子です。 そのうち腹がデカクなり、とうとう3匹の子猫が加わりました。

ネコ爺、帰国の2週間前です! その時、時代は変わりません。

廻りの「組織はみ出されオッちゃん」達は、2週間後の処置に付いて、それとはなく?
お話しました。(絵本作家が板に付いて来た?)

 「食堂の縁の下に運ぼう」「**さんが、面倒を見たらイイ」「食うモノ無ければ出て
行くだろう」「オレには関係ネェ!」皆、気にはしていました。

 ワタクシとネコ爺の関係は、出会ったその朝「おはよう御座います!」って、挨拶したけど無言であった為、半年間マッタク会話がありませんでした。

ところが帰国2日前、タバコ場で「緑のシャツ、似合うよーー緑、似合う人なかなか居ないよーー」とか、さかんに話しかけて来ますーーーオッちゃんは、「でも、ネコの面倒は
みませんよ!」って、言ってあげちゃいました。

 ネコ爺帰国後1週間、母ネコの行動が注目されて居ります。
住まいは元ネコ爺部屋の縁の下、2LDのダンボール。(ネコ爺作)
食は皆が朝晩食堂の帰りに何かを持ち帰り、上げている様子。

 毎朝晩、皆が部屋からの出入り時、優しそうなオッちゃんを狙い、子ネコを銜えドア前で待ってます。開けたその一瞬を逃さず部屋へ入り込み、隅に子ネコを置き、本ネコは飛び出る作戦を展開して居るので御座います。ジャーン 凄いですねぇ! 怖いですねぇ!

 しかし今朝、新事実が明らかにされたのであります! 母ネコが銜え、里子に出そうとしている子ネコはいつも黒ブチで、たまに見かける父ネコ柄です。
母ネコ柄(茶系)の2匹ではありません。

 ♪悪ふざけ~1晩だけ身をまかせ♪ 子供出来ちゃった! クソ親父ったら、相変わらず
フラフラ定職を持たず、生活食を運ぶこともせず、母子の食を盗み食いする有様!。

 「ザケンじゃねぇー!」てな、感じなんでしょうね? 黒ブチを見るたびにクソ親父との一晩が思い出され、後悔し、落ち込み、恨み、怒り、気が付くと黒ブチを銜え、ドアの
前で待っているーーーーーーーーーー.カァー 泣かせます目。

 しかし、考えてみれば、年金も保険費も払わず、たっぷりの生活保護を受けて居る状態でーーー黒ブチを里子に出そぅとしている母ネコ。  「オメェーも働け!」

 長~~~~~~~く、なっちゃいまして、どぅでもよくなっちゃいましたが、1人くらい
ジュン坊のその後を気にして居らっしゃる方が、居られるとマズいのでーーー
 
その2 シーサーランド

ジュン坊は、今日も学校が終わると、家にカバンを放り投げ、
全速力で海へ走りました。

夕べ夢に出て来たシーサーを、探すのです。

売店があった所は、きれいになっていました。

土手の脇に木屑やトタン板などが少し残っているだけです。

ジュン坊は、「やっぱり夢なんだーー」と、
一人で笑いながら海の方へ歩き出したーー その時!

「おーい ジュン坊~」「ここだよ ジュン坊~」

昨日の声が、また聞こえました!

ジュン坊がビックリして振り返ると、トタン板の下になにか見えます。

おそるおそるトタン板を持ち上げると、
セメントで出来たシーサーが2つ、ころがっていましたーーー。

ジュン坊は、ヨイショヨイショと、2つのシーサーを引きづり出しまた。    とっても重いです。

ジュン坊 「さっき呼んだのは、君たちかい?」

シーサー 「そぅだよ 僕たちだよ 助けてくれて ありがとう」

ジュン坊 「どうして あんなトコに いたの?」

シーサー 「売店がこわされちゃってーー 捨てられちゃったのさ」

ジュン坊 「かわいそぅ ぼくがお家を作ってあげるよ 待ってて」

ジュン坊は、海岸に流れ着いたサンゴのかけらや、
きれいな貝殻、木の根っこなどを並べ、
ヨイショ、ヨイショと、2つのシーサーを真ん中に置いて、
最後に太いロープを周りに巻きました。

シーサー 「ありがとう とってもステキな お家だよ」

ジュン坊 「これから毎日、海からのおくり物で、
もっと、もっとキレイに してあげるね」

そぅですーー ジュン坊は、木でも花でも、ヤギさんモグラさん、
   カラスや空の雲だって、話をすることが出来るのですーー心でね。

ジュン坊は、ここを「シーサーランド」って、勝手に決めました。

なぜか、嬉しくて、嬉しくて、ニコニコ顔でした。 次週へ続くーーー

↑このページのトップヘ